お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > さまよう個人投資家

さまよう個人投資家

今日の日経記事のコラムが面白かったので、ご紹介を。

最近の個人投資家の動きを二日に渡って掲載してまして、今日の記事を要約すると、
・日本の株式市場は、デイトレやヘッジファンドが半分近くに近くに達し、かたや預貯金の低金利に耐えきれない人たちが毎月分配型の投資信託に流れてきている。
・ただし、その投資信託も少しでも分配金が下がると売れ行きは急減
・分配金利回りは2005年は5~6%が、直近は12%へ。
・2010年度の毎月分配型投信の基準価額は分配前約1万が、分配後には9,100円に(野村総研調べ)
・来年、再来年で元本割れが大きな問題になるかも知れない(〃)

・上記により、「貯蓄と投機が肥大化している」、と問題点をまとめ、

・長期投資家を育てるためには自国の株式市場の機能回復させる必要があるとし、そのためには、
 ①企業が株価の上昇や充分な収益を上げる
 ②長期優遇の優待制度
 ③仲介業者の投資家への説明責任
 ④投資家自身の情報武装
が必要、とまとめてます。

なぜ長期投資が必要なのか、という説明が欠如してましたが、毎月分配型の危険性を上手く説明できてたと思います。あと、解決策①②④は、いまいちな気がします、、、。



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう