お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 債券 > 債券の税制について

債券の税制について

円貨建て債券の購入前に契約締結前交付書面を読まなければならないのですが、意外な?税制上の事実を発見。

○円貨建て債券に関する租税の概要(抜粋)
・円貨建て債券を売却したことにより発生する利益は、原則として、非課税となります。
・円貨建て債券の償還により発生する利益は、原則として、雑所得として課税されます。

(円貨建て債券の契約締結前交付書面)

なんと、途中売却は無税!!
満期まで持っているのと総合課税!!まったく違うのですね。

キャピタルゲインがある程度出て来たら積極的に売却も視野に入れてるので、この税制はありがたいです。
ファンドで購入するとおそらく10%や20%は課税されるのではないでしょうか?

円貨建債券課税

日本国債って、信託報酬も販売手数料もかかず、売却益も無税と、とても良い商品です。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう