お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 「新しい日本へ」(ビル・グロス氏)日経より

「新しい日本へ」(ビル・グロス氏)日経より

たまたま今読んでた本の筆者、債券王のビル・グロース氏が日経コラムで日本の復興について掲載されてたので、メモを。
債券王ビル・グロース 常勝の投資哲学債券王ビル・グロース 常勝の投資哲学
(2004/09)
ティモシー ミドルトン

商品詳細を見る


【世界経済について】
リーマンショック以降銀行・企業が債務の圧縮を奨めた。

景気の底割れを避けるため各国政府の進めた景気刺激策が債務を膨らませた。

債券市場は、先進国の財政悪化にしびれを切らし、債務の縮減を各国政府に求めた。

債務の圧縮は支出の抑制につながり、経済成長を抑える

これが今の世界株安が示すメッセージ。

・先週の米国債格下げは市場が債務の危うさに怯えるきっかけとなった。

・世界的な低成長(ゼロとかマイナスとか)は続き、債務の圧縮を終えて低成長から脱するまであと5年近くかかるだろう。

【日本国債について】
・日本国債は今ほとんどが国内で消化できてるが、少子高齢化が進めば老いた人々は国債の売り手になるだろう
・だからと言って、外国人に売ろうとすればもっと高い金利を要求されるだるお。
・ただ、規模が大きいので利払い負担が雪だるま式に膨らんで財政は更に悪化する
我々は日本国債をあまり持っていない

【打開の手だては?】
・唯一の答えは“成長”
 →そのためには成長力の高いアジアなどの人々が好む製品を作り生産性も高める。そのために賢くお金を使うに限る
・政治の弱さが問われているが、こんな時に必要なのはビジョンを示して引っ張っていく指導者(例えば、ルーズベルト、レーガン、サッチャー)。


日本国債にはネガティブなんですね。
そして、政治には強力なリーダーが必要なのか。。。
野田さんは協調型のような気がしますが、この辺、どうなんでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう