お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 債券 > 国債の途中売却(ゆうちょvs.野村編)

国債の途中売却(ゆうちょvs.野村編)

先日の記事、国債の途中売却シリーズの続きです。

SBIは話にならないぼったくりであることやゆうちょや野村は割と期待が持てる、というのは他のブロガーさんの記事から分かりました。

で、今日は住宅ローンの銀行寄ったついでに、ゆうちょ銀行と野村に行って買取価格を聞いてきました。

1.【郵貯銀行編】
支店窓口は「郵貯で買った国債じゃないと分かりません」の一点張り。さらに「移管もできない」とも言われました。(霞ヶ関にある「日本郵政グループ総合窓口」と地元支店ともに)。
念のためコールセンターに電話してみたら、移管もできるし、買い取り価格も教えてもらえました。1時間ほどかかりましたが。。。
まぁ支店のレベルなんてこんなものですかね。

で、6月発行の315回利付き国債(10年)の買い取り価格は、
101.3円。(+αの経過利息) 
※ただし、国債用の通帳を作るため200円別途かかるそうです。

2.【野村證券編】
野村はさすが色んな金融商品を扱ってるだけあって、手際が良いです。
移管の有無や買取価格をさっと教えてくれました。
ただ、買い取り価格は郵貯より劣る、100.83でした。


3.結論

郵貯の圧勝です。
利付き国債のキャピタルゲインを狙うならゆうちょがお薦めです。
(他の金融機関も色々あると思うので、他でよりよい買取価格があるかも知れません)


(参考)
ちなみに、今日の店頭価格は「101.47」でした。
日本証券業協会HP
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2011-08-15 21:51 
Kapok #248 [Edit]
国債売るなら
ゆうちょ > 野村 >> SBI
の順にお得って事ですね。

なるほどです。大変参考になります。
ゆうちょがネット証券に値段で圧勝っていうのも私にとっては結構意外です。^^
2011-08-16 09:15  今回の国債調査で学んだこと。
ひでぼう #249
そうですね。他の金融機関も知りたいところですが、ゆうちょくらいの値段なら充分満足です。
今回思ったのは、
①ゆうちょの支店窓口のレベルが低い(分からないなら分からないと言えばいいのに、移管できない、国債買ってないと値段は調べられない、といった嘘をついた。)
②債券相場状況によりますが、2ヶ月で1%以上も利益が取れること。


まぁ②が大きいんですけどね。
過去の長期国債の一覧みてみても、元本割れてるのは1回分しかないので、かなり手堅い運用資産ではないかと思ってるところです。
国債バブルだ、と言われればそれまでなんですけど。

> 国債売るなら
> ゆうちょ > 野村 >> SBI
> の順にお得って事ですね。
>
> なるほどです。大変参考になります。
> ゆうちょがネット証券に値段で圧勝っていうのも私にとっては結構意外です。^^
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう