お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 時事 > 野田新内閣にはがっかり

野田新内閣にはがっかり

野田総理が選ばれたとき(というか、民主党の代表選で選ばれたとき)は期待してました。
演説も上手いし、菅によって関係悪化した財界とも良好な関係を結んでて、野党からの信任も厚そう。
(増税論者というところは微妙ですが)

しかし、今日の内閣の顔ぶれを見てがっかり
論功人事で機械的に選んだのかな、と思わせるような顔ぶれ。
もっと言うと、当選回数が多いけれども閣僚経験の無い議員に割り当てました、というような内閣です。
資質とか適性とか見てないんだろうなぁという、役所からは評判の悪い議員ばかり。
じゃぁ役所と仲良い議員がいいのかというと、勿論それはそれで問題なのかも知れませんが。

山岡、鉢呂、小宮山、平岡、安住、れんほー。。。

こんな人たちでは、短命で終わるかも知れません。

マシかなぁと思う人は、細野さんくらいかな。

ヤフーにもこんな記事が。
閣僚の顔ぶれは…野党「攻めどころ満載内閣」とほくそ笑む
山岡氏はかつて自民党がマルチ商法関連業界との関係を何度も追及してきた経緯がある。その山岡氏が消費者担当相を兼務することに、みんなの党の渡辺喜美代表は「あきれた人事だ」と非難。自民党の大島理森(ただもり)副総裁は「しっかりデータをそろえて鋭く対応していく」と宣戦布告し、伊吹文明元幹事長は「秩序の根幹たる司法と治安が心もとない」と批判した。石破茂政調会長も「問題があって閣僚に登用されなかったと聞くが、国家公安委員長にふさわしいのか」と対決姿勢をあらわにした。

 税と社会保障の一体改革や復興財源など財政上の問題を抱えることになる安住財務相に対して、公明党の山口那津男代表は「この分野でのキャリアがあるのか」と指摘。自民党政調幹部は「菅(直人前首相)さんが『乗数効果』の意味を知らなかったように基本から攻めるのも手だ」と語った。

 安住氏が防衛副大臣当時、自衛隊関連行事での民間人の政権批判などを封じる「防衛省事務次官通達」問題で主導的な役割を果たした経緯から、「直情的な性格で、丁寧に追及していけば必ず舌禍を起こす」(自民党幹部)とみている。

 また、子ども手当の推進役を務めてきた初入閣の小宮山洋子厚生労働相も標的の一人。



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう