お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 最近のマネー関連ニュース

最近のマネー関連ニュース

連休中の日経記事で気になった記事を紹介します。

○「ギリシャ危機、収拾遠く」
過去のデフォルトが紹介されてました。
最も大きい二つは、
ロシア(1998)の727億ドル
アルゼンチン(2001)の822億ドル
でした。

で、今懸念されている欧州PIIGSでいうと
ギリシャ 4,530
ポルトガル2,210
スペイン 8.810
(いずれも億ドル)
と、過去のデフォルトよりも10倍近い規模なので、今の欧州危機の怖さがより実感できます。

○「米低金利、恩恵広がらず」
米国の住宅ローン金利は、過去最低水準らしいのですが、固定で4.09%(我が国と比べると高いです)。
それでも住宅需要は低迷しているそうです。

○イタリア国債格下げ
S&Pはイタリア国債の信用格付けを一段階引き下げシングルAにしました。日本のダブルA-より二段階低いとのこと。
ムーディーズも格下げを見直し中。イタリアの10年国債利回りは5.5%強で推移。


○「欧州不安懸念ドルに買い」

日本から眺めてみると、ドルもユールも不安な通貨に見えますが、意外にもドルは上昇しているようです。
8月初めからの騰落率は名目実行為替レートでいうと、ドルは4%強の上昇。その次は円で3.73%。その他の主要通貨は下落。

総じて言えるのは、ユーロがとにもかくにも、やばい!!ってことです。

過去何度もデフォルトを経験していて、嘘の申告をしてユーロに加盟したギリシャを、早めに脱退させれば良かったのでは、と個人的には思います。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう