お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 【日本株に魅力はないのか(3)】企業の質、長期で株価と相関=中神康議氏

【日本株に魅力はないのか(3)】企業の質、長期で株価と相関=中神康議氏

先週の日経にタイトルのコラムが連載されてました。

失われた20年などと言われてますが、よく目をこらして長期で眺めてみると、

質の高い経営をしている企業と株価騰落率には相関性があるのです。

この質の高い経営の主な指標として例示されているのは、

売上高・営業利益の成長率、営業利益率、ROEの各平均値の高さです

これらの高いグループは騰落率も高いそうです。
1年間の株価騰落で相関がみられたのは営業利益の成長率だけだったそうです。
これは「来年の利益は今年よりどれだけ増えるのかの一点について、競争相手を出し抜く早耳ゲームに参加しなければなりません。しかもこのゲームは情報量で機関投資家らに劣る個人にとってきわめて不利なゲーム」です。

最後は、「個人にとっては集中・長期投資が王道だといえるでしょう」、と結んでます。
参考になるとともに、この暴落時に勇気をもらえる記事でした
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう