お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 続・リフォーム会社とのトラブル

続・リフォーム会社とのトラブル

昨日の記事、割と控えめに書いてきましたが、知り合いの不動産業者ともお話しをさせてもらい、やはりリフォーム会社の方に落ち度があるのでは、との感触を得ました。

キャンセル言い渡されたのは、業者の印が押された契約書が郵送され、こちらがそれに判を押して返送した後からだったので、契約は成立しているとのこと。

※「承諾の効力発生の時期」・・・郵便の場合の承諾の効力発生時期:発信主義(独を除き日英米
www.geocities.jp/nagamitsu1950/shodaku-no-koryoku-hasseijiki.doc
承諾期限のある申込への承諾⇒到達主義(民法第521条2項)
第521条 承諾ノ期間ヲ定メテ為シタル契約ノ申込ハ之ヲ取消スコトヲ得ス
2 申込者カ前項ノ期間内ニ承諾ノ通知ヲ受ケサルトキハ申込ハ其効力ヲ失フ
承諾期限のない申込への承諾⇒発信主義(民法第526条1項)
第526条 隔地者間ノ契約ハ承諾ノ通知ヲ発シタル時ニ成立ス)
www.geocities.jp/nagamitsu1950/offer-koryoku.doc

民法上は、承諾期限があるかどうか、か隔地者間かどうかで変わってくるようです。
ざっと調べて限りですが。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう