お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』で年金を考える

『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』で年金を考える

今週のTVタックルで年金特集をやってたんですが、今の年金制度は1.2~1.3人の現役世代が1人の老人を支えてる構図だそうです。

それを聞いて思いだしたのが、こちらの本。
橘さんの名著のシリーズ。
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/08/24)
不明

商品詳細を見る


筆者の主張は、「国営年金・国営保険なんて、廃止して、積立金は加入者に返還して、個人がそれぞれ自己責任で保険に加入すればいい」、と言い切ってます。
小さい政府にして、コストを極限まで減らして最低限の税金は人頭税にすればいい、と極端だけど分かりやすい論理展開。
そうすれば、年金行政のコスト(厚労省年金局や年金機構といった組織の人件費など)がそのまま削減できますからね。

今の年金制度はとても複雑な仕組みで分かりにくいですが、そもそも税金・社会保障はシンプルなのが一番だと思ってます。

この親本はこちら。
ゴミ投資家のための人生設計入門 [借金編]  (オルタブックス)ゴミ投資家のための人生設計入門 [借金編] (オルタブックス)
(2001/06/30)
海外投資を楽しむ会

商品詳細を見る


その後、【人生設計編】部分はこちらに発展。
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
(2002/11/26)
橘 玲

商品詳細を見る


同じく【借金編】はこちら。
得する生活―お金持ちになる人の考え方得する生活―お金持ちになる人の考え方
(2003/12/01)
橘 玲

商品詳細を見る


これらをコンパクトにまとめて文庫化したのが今回紹介した本です。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう