お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 日本財政破綻論回避のための国際分散投資に疑問

日本財政破綻論回避のための国際分散投資に疑問

よく、「日本は借金が膨大だから何れデフォルトを起こし、国債は暴落し、超円安やハイパーインフレになる。」と言われることがあります。この論においては、このまま景気低迷し税収はのびず、社会保障費が増え続けるならば、可能性は否定出来ません。
ただ、問題なのは、「だから海外投資をすべき」、という論。
これには、いくつかの疑問が。
まず、他の国のリスクを新たに負うことになる。政治リスクや地政学リスク、財政リスク等々。もちろん、為替変動リスクも。
これは最近の欧州債務危機からも容易に想像出来るでしょう。

もう一つは、日本国債がデフォルトするような事態になった時に他の金融商品が安全であるという保証はないということです。
この辺りは丁度まつのすけさんのブログThe Goalで詳しく述べられてます。
他に、最近は各アセット間の相関性が高まって来ている。つまり分散効果が利かなくなってきている。
また、海外移住をしない場合は結局最後は円で消費することになるのですから、為替交換を二回するという不利なトレードとなります。

ということで、あまりポートフォリオに神経を尖らせず、ゆるーく日本国債に偏った投資を行ってるところです。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう