お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 株式 > 急騰した理由

急騰した理由

私の保有株のうち、ここ最近急騰していた株があったため、ヤフーファイナンスのニュース記事を調べてみると、どうやらこれのようです。
TOPIX浮動株比率見直し

東証は11日、TOPIX(東証株価指数)浮動株比率の定期見直し(臨時見直しを含む)を発表した。今回は、4-6月期決算企業が対象で、23銘柄が変更された。上方修正は11銘柄、下方修正は12銘柄を数える。このほか、1部指定・市場変更、新規上場などに伴い10銘柄が新規に追加され、第三者割当増資による浮動株比率の変更は1銘柄となった。
 適用実施は1月31日で、30日終値ベースでTOPIXパッシブ連動資金のリバランスに伴う売買インパクトの発生が見込まれる。買いインパクトの大きい銘柄は買われやすく、逆に売りインパクトの大きい銘柄は売られやすいことから、市場の関心は高い。」

ちと難しいですね。。。要は私の持ち株の浮動株比率が増えて、それに伴ってTOPIX連動インデックス追随型ファンドなどが買い進むってことかな?
でもこの株って、「大証二部」なんだよなぁ~。

(参考)
浮動株比率
浮動株比率 (Free Float Weight=FFW)は、「浮動株(市場で流通する可能性の高い株式)の分布状況に応じた比率」で、当取引所が銘柄別に算定し、参考東証株価指数等の算出で使用するものです。

浮動株比率の刻みは 0.01で、最小値は0.00、最大値は1.00です。浮動株の分布状況が異なる銘柄Xと銘柄Yでは浮動株比率の値は異なります。

浮動株比率は、直近決算期末の分布状況を反映するために、決算期に応じて年 1回の「定期見直し」を実施するとともに、例えば、第三者割当増資等があって浮動株の分布状況に著しく変化が見込まれる場合には、当取引所の判断によって適宜「臨時見直し」を行うこととしています。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう