お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 過熱感を判断する指標②~騰落レシオ~

過熱感を判断する指標②~騰落レシオ~

連日急騰している日本株ですが、今日は少し一服して、少し下げました。

昨日に続き、ブルベア指数の他に思いつく、過熱感を判断する指数としては、この騰落レシオです。

○定義;騰落レシオには「5日騰落レシオ」と「25日騰落レシオ」がありますが、一般的には25日騰落レシオが中期的な投資タイミングを判断するのに多く用いられています。
○算出方法
25日間の値上がり銘柄数の合計÷25日間の値下がり銘柄数の合計で算出。騰落レシオ(25日)では、70%以下を売られ過ぎ、120%以上を警戒ゾーン、130%以上を過熱とする。
http://allabout.co.jp/gm/gc/374367/

この指標のチャートより、今日までの騰落レシオを見てみますと、、
騰落レシオchart20120221
となってます。
明らかに130%オーバーなので加熱してる、と言えます(日経平均)。



さらに詳しくみたい方は、次のHPが参考になります。
毎日の、市場毎・業種毎の騰落レシオが更新されていて、とても詳しく考察できます。
「TRENDVIEW」

こちらのHPを見る限り、市場でいうと名証、業種でいうと証券業が一番過熱感が高いです(25日)。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう