お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 過熱感を判断する指標③~RSI~

過熱感を判断する指標③~RSI~

次にRSIです。「Relative Strength index」の略。
「ケンミレ株式情」売買タイミングをつかもう -RSI、RCIの使い方(以下一部引用)
「RSI」では、"一定期間(一般に14日)において、上昇した日の値幅がどのくらいあるか?"ということを計算しています。例えば、14日間で上昇した日の値幅の合計と、下落した日の値幅の合計の比率が8:2になっていたら、「RSI」は80となります。

一般的に良く使われる例としては、RSIが25~20を割り込んで転換すると買いサイン、70~80を上に抜けて転換すると売りサインと言われています。

(引用終了)

ということで、日経平均で見てみましょう。

日経20120223

赤い丸印のところですが、80を越えて、青印は20未満のところです。
RCI的に言うと、過熱感が高い、と言えます。。。
今は売り時(利益確定)の時期かも知れません。長期投資家は別ですが。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう