お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 株式 > 暴落に対する対処法

暴落に対する対処法

毎年恒例ですが、欧州危機、特にギリシャの政治混迷が主因として、株・商品・為替といったほとんどのアセットが暴落してきてますが、こういった状況に対処する方法を考えてみました。
今までの私は
(1)ポジション手じまい
(2)各アセットへの分散投資
(3)堪え忍ぶ

くらいでした。

ただ、これらは、
(1)3月の絶好調時に保有株を利益確定するのは難しいというのがよく分かった。そもそも業績が悪化した訳では無いので売る気もない。
(2)分散が効かない局面が多い。
(3)精神衛生上、非常によろしくない。

という問題があります。

ところが、他にも目を向ければ上記をカバーする便利な商品もあります。

それは、

(1)日経先物・個別株・FXなどのショート(空売り)
(2)ベア型投資信託
(3)ショート専用のETF(ex.【1571】(NEXT FUNDS)日経平均インバース上場投信【1552】国際のETF VIX短期先物指数【1569】TOPIXベア上場投信
など)

といった商品を好況時に仕込められれば、今みたいな局面では充分に利が乗っていることかと思います。
好況の見極めが難しいのですが、PER・PBR・騰落レシオ・RSIといった指標や、民放や一般紙、日経ヴェリタス一面でもてはやされる時が狙い目だと思います。
後はレンジ幅の上限に達したようなときなど。

また「逆もまた真なり」で、暴落時に買い進む、ということも有効な手段だと思います。

ということからすると、今は日経平均も個別株も外貨もコモディティも買い時と言うことではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
まとめtyaiました【暴落に対する対処法】
まとめwoネタ速neo #56  2012-05-19 02:30
毎年恒例ですが、欧州危機、特にギリシャの政治混迷が主因として、株・商品・為替といったほとんどのアセットが暴落してきてますが、こういった状況に対処する方法を考えてみました。今までの私は(1)ポジション手じまい(2)各アセットへの分散投資(3)堪え忍ぶくら...
Copyright © ひでぼう