お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 単純なインデックス積立投資の有効性

単純なインデックス積立投資の有効性

ある投資家がAllaboutというHPで、
「インデックス投資だけでは勝てない。なぜなら上げ相場でしか利益を出すことができないから」と主張してたのですが、その反論がインデックスブロガーから噴出しました。

日頃よく読ませてもらってる、とあるブロガーは、
「上げ相場でも下げ相場でも損失になるかもしれない投資方法が有利とは言えないでしょう。上げ相場でも下げ相場でも損失が出かねない不安定な商品を「上げ相場でも下げ相場でも利益を狙うことができる」というのは詐欺師的な語り口に聞こえます。」とかなり厳しい論調で批判してました。

このやりとりを見ていて果たしてどちらが正しいのかしばらく分からずモヤモヤしてたんですが、

相場って、売られすぎ・買われすぎの指標はいくらでもあって、
明らかに買われすぎの時は、ショート、売られすぎはロング、という手法は有効なのではという私なりの結論に達しました。


今の日本の株式相場は明らかに売られすぎ。

今のような局面ではロング(逆もまた真なり)は、やはり有効だと思いますけどね。
相場観を養うことが出来さえすれば、やはり買い一辺倒という手法よりは有利だと思いますね。

インデックス投資の理論的根拠って、資本主義は長期では増える、という漠としたものですから。
いざ、たっぷり積み立てた定年後に資金を引き出したいと思ったときにリーマンショック、ギリシャショック、○○ショックが起こって大きく下落した時には大きな損失が確定するのではと思うのですが。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
まとめtyaiました【恐れ多くもインデックス投資を批判してみます。】
まとめwoネタ速neo #58  2012-05-24 05:34
ある人がAllaboutというHPで、「インデックス投資だけでは勝てない。なぜなら上げ相場でしか利益を出すことができないから」と主張したらしいのですが、その反論がインデックスブロガーから噴出しました。日頃よく読ませてもらってる、とあるブロガーは、「上げ...
Copyright © ひでぼう