お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 株と債券と預金とインフレとの過去の推移(イボットソン資料より)

株と債券と預金とインフレとの過去の推移(イボットソン資料より)

先日いった「コツコツ投資家の集う夕べ」でいただいた雑誌についていたイボットソンの資料があり、興味深かったのでシェアしたいと思います。

○主要5資産の推移 日本と外国 1969.12-2011.12

20120706190430511_0001.jpg
これを見て思うのは、
・タンス預金は最悪。まだ銀行に預けておいた方がマシ。(ただ95’以降の伸びはほぼゼロ)
・外国債券は預金にも劣る
・国内外株式はブレが大きく、俯瞰してみると国内債券の間を上下してるような動きをしている。


もう一つは、○株式、債券、預金とインフレーション 日本 1951.12-2011.1220120706190445879_0001.jpg
こちらは日本に特化したデータ。
・90年代前半からインフレが止まり物価はほぼ横ばい。
・それに連動して同時期の預金も横ばい
・上の表より起算日が古いため日本株の上昇率が高い。(上は1969年、下は1951年)
・日本株はバブル後はレンジの幅で動いている。やや切り下がってるか。


以上の二つの表だけを見て結論づけるのは危険かも知れませんが、
一番心穏やかに投資できるのは、マスコミによって不安を煽られてる日本国債なのでは、と思ってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2012-07-08 21:46 
Kapok #301 [Edit]
なるほど。良い資料ですね。
これが無料でもらえたとは、うらやましいです。^^
Comment form

Trackback

Trackback URL
まとめtyaiました【株と債券と預金とインフレとの過去の推移(イボットソン資料より)】
まとめwoネタ速neo #81  2012-07-09 09:32
先日いった「コツコツ投資家の集う夕べ」でいただいた雑誌についていたイボットソンの資料があり、興味深かったのでシェアしたいと思います。○主要5資産の推移 日本と外国 1969.1...
Copyright © ひでぼう