お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > REIT > 不動産セクターに注目

不動産セクターに注目

私が結構参考にしている株式評論家がいます。
藤巻なにがし、、、、でなく、
早見雄二郎という方です。
早見雄二郎の特ダネ株式ニュース(HP)
hayamiyujiro.jpg
早見のNews速報/早見雄二郎の特ダネ株式ニュース
早見の株式大作戦/早見雄二郎の特ダネ株式ニュース

今日(7/9)に放送された彼の発言をまとめてみます。
(以下要約)

・不動産株・REITといった不動産セクターは5月のセミナーから推奨していた。
・多くの人は都心部の空室率を見るが、現在は指標にはならない。
なぜなら空室率は上昇しており、6日朝刊でも9.43%と+0.03の伸びで、二ヶ月連続で過去最高を更新。と報じられてる。
・先行指標的に変化が出て来た、平均募集賃料に注目すべき。
都心5区で坪当たり1万6千円。 前の月より34円高くなっている。5月に45ヶ月振りに上昇に転じる。
6月も二ヶ月連続で上昇。
・需給面での強気の変化が出て来た。
・金融緩和傾向と相まって不動産株・リートには強気。

・都心部のオフィスビルの大量供給は上半期でピーク。下半期で供給は減り来年からは半分くらいに大幅に減る。
・オフィスビルの需給面での引き締まり感・強さが鮮明。

・募集賃料はこれからも上昇と思われる。株価はいち早く今年の春の高値を超えていくのでは。。


といった趣旨の説明をしてました。


不動産関係では、土曜の日経新聞のこの報道記事もさらに後押ししそうです。

「住宅ローン減税、延長検討 住民税の控除枠拡大 政府、消費増税に配慮 」
「政府は2013年12月末に期限切れとなる住宅ローン減税を延長し拡充する検討に入った。税額控除の対象となる住民税の控除枠を広げ、所得税が少ない人でも減税制度の控除を使い切れるようにする。主に平均的な所得水準の世帯が住宅を購入しやすい環境を整備。14年4月を予定する消費増税時の住宅消費の冷え込みを抑え、景気の下支えを狙う。」


(参考)日経平均と【1650】ダイワ 上場投信・TOPIX-17不動産との比較
20120709(1650).gif
6月の底打ちが日経よりも早めに切り上がってます。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
まとめtyaiました【不動産セクターに注目】
まとめwoネタ速neo #83  2012-07-11 00:41
私が結構参考にしている株式評論家がいます。藤巻なにがし、、、、でなく、早見雄二郎という方です。早見雄二郎の特ダネ株式ニュース(HP)早見のNews速報/早見雄二郎の特ダネ株式ニ...
Copyright © ひでぼう