お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 不動産投資までの歴史 > 某都銀の融資姿勢

某都銀の融資姿勢

先日のオフ会で聞いた「某都銀が融資に積極的」という話を受け、今日は有休ということもありさっそく行ってきました。具体的な物件があるわけでもないので、一般論ということで。
内容は、、言ってイイのかなぁ。。。まぁ書いちゃえ。

・一棟モノは、当該収益物件をメインに判断。(ただし、所有物件や個人の属性も勿論見る、と)
・逆に区分は住宅ローンと同じで、所有物件・年収含め返済比率等で総合評価する。
・原則は、3割の自己資金が必要。(これはどこいっても言われますね)
しかし、
評価の高い物件ならプロパー融資可能。1,2割の自己資金でも物件によっては可。
また担保評価方法も聞いてみたら、意外とあっさり教えてもらいました。
・土地は路線価、建築物は、構造毎に単価が決まってる。だそうです。(もう少し突っ込めば単価も押してくれそうではありました。)プロパー融資の場合は、収益還元法でもみる。7.5%で計算(都内、新築の場合)

もう打てば響く、聞けば教えてくれる、という対応でした。

他にも、
・金利は、店頭金利2.7%前後、信用会社分+0.2%、団信+0.3%。(これはパンフレットにも記載されてます)物件によっては、0.5~1.0%の値引きはあり得る。(これはパンフに書いてません)
・この銀行に借り換え場合の条件は、アパートローンであれば特になし。(住宅ローンは2年の支払い実績が条件)
・土地からの建築プランは、プロパー融資のみ。
・期間はMax30年。

・4月までは物件価格が下がってきたこともあって、持ち込んでくるお客さんが多かった。

で、これらを聞いた上で、自分の所有物件を伝え、新たに融資可能か聞いてみたところ、
「自己資金が少なすぎますねぇ」

と、恐縮されながら言われ、こちらも恐縮。
分かってるんですけどね。。。
「土地から始めるなら土地代金に6,7割は自己資金を入れていかないと」と。
(それくらい入れないと普通は回らないということらしいです)


私の物件が(運良く)回り出した段階で一度キャッシュフロー表を持参してまたこの銀行へ新規融資のご相談に伺いたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そしてその後はソフトバンクショップに行き、料金の見直しの相談に行ってきました。
通話が少ないので、もう少し安く組めそうとのこと。500~1000円くらい安くなりそうです。

さと、飯食ったら、これから走るかな。



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう