お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

霞が関の長時間残業の原因の多くは永田町

明日で長かった臨時国会が終わります。
役所としては、明日まで質問主意書が少数政党議員から乱発されるので、まだ気は抜けないのですが。

そんな中、私の部署ではないのですが、昨晩23:40ごろになって、いきなり国会質問が当たった部署がありました。
今話題のIR法案の委員会用です。

どうも省庁間で割り振りがもめて、急に振られたようではあるのですが、それにしても遅すぎる!
簡単に言うと、ただでさえ夜中まで働かされてヘロヘロにんってるのにさらに23:40ごろに、急に上司(もしくは親会社)から「今から朝までにこの仕事仕上げるように!」と言いつけられるようなもんです。
最近長時間残業が問題になっている昨今、糾弾・改善する立場にある国会議員がこんな酷いことするとは。

働き方改革というならば、隗より始めよ、で国会議員はまず自らの仕事の仕方を改めてほしいものです。

【関連書籍】

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

昨日はひたすら無駄に国会待機

昨日はひたすら国会待機。民進党の一人の議員が次の日の朝から始める委員会の質問を出さないため。
つまり全省庁が待機させられてたということです。

結局わかったのは自身のオフィシャルサイトに内容を更新したから。
しかも日付変わる直前。

こんな議員のいる政党に働き方改革云々とか言われたくないものです。

議員名言いたいですが、差しさわりある可能性が多少あるため控えます。
メールしてくれた方には教えますが。

ヒントは、中国を連想させる名前の人です。

まぁこの政党は早く解体してほしいものです。
党首が法律違反する党ですから。

解党が無理だとしても、せめて重箱の隅をつつくだけの批判的な体質を改め、是々非々で議論する建設的な野党になり代わってほしいものです。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

国会に呼びつけておいて、、、

IMG_2062.jpg
日経新聞4面に、国会、市場動向に鈍感?マイナス金利論戦低調
という記事がありました。
野党は長期金利が歴史上初めてマイナスになった翌日の国会で、まったくこの話題に触れなかったという内容。
特に非道かったのが民主党のシナ猛。日本でトップクラスに忙しかったであろう日銀黒田総裁をわざわざ国会に呼びつけておいて、結局彼に対して予定していた国会質問をしなかった、というオチ。
行政機関の長ならともかく、特殊法人をわざわざ呼びつけて空振りに終えた場合は、呼びつけた張本人の国会議員に対して、何かしらのペナルティを課すべきです。
UR理事長に対してもそういう場面が今週は見受けられました。
国会議員は普段から特権意識が高くて、この辺りの一般的な感覚が麻痺しているように感じてなりません。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

甘利さん辞職について

昨日の甘利さんの突然の大臣辞職ですが、一連の動きを見てて思うのは、民主党始め野党が鬼の首を取ったようにワイワイはしゃいでますが、法に反したかどうか確定してない段階ででいちいち国会を止めるのはどうかと思います。(個人的には国会待機がなくなるので嬉しいですが)
違法性の判断は司法の判断を仰ぐべきです。国会はあくまで立法府ですから。
もっというと地元秘書の不手際だけでTPP始め経済財政政策の主力で尽力されてきた優秀な大臣の首をすげ替えるのは国益を考えると見合わないマイナスだと思います。石原さんでは心許ない。。。
はっきりいって国益という目で見ると、足を引っ張るだけの野党、特に民主党の、さらにその中でもネガティブキャンペーン大好き議員が辞職した方がよっぽど日本にとってプラスです。

あんなダメダメ民主党を当時持ち上げたマスコミ・投票した国民にも非はあると思いますけどね。
minsyuposter.jpg


とにかく言いたいのは、今回の甘利大臣の一連の件、ひじょーに残念でならないってことです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

年金の運用損失7.8兆円 7-9月

GPIFの7~9月運用成績が悪かったということで、一斉にマスコミが叩きにかかってます。
マスコミ得意の、政府のミスを見つけたら「そらみたことか」、とたたきにかかるいつもの構図です。

(以下引用)

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、2015年7~9月期の運用損益が7兆8899億円の赤字に転落したと発表した。
 赤字は6四半期ぶりで、四半期の赤字額としては過去最大となった。
 8月以降、中国経済の減速懸念を背景に国内外の株価が急落したことで、保有する株式の評価額が大きく下落した。昨年10月に公表した資産構成の見直しにより、株式投資比率の目標を従来の約2倍の25%に引き上げたことも裏目に出た。6月末に比べ円高が進行したことで、外国株や外国債券の円換算での赤字拡大につながった。運用実績を示す収益率はマイナス5.59%(4~6月期はプラス1.92%)に悪化した。
 記者会見したGPIFの三石博之審議役は「10月以降の市場環境は回復しており、今年度の直近までの収益額はプラスに転じる基調だ」と強調した。 

.

(時事通信 11月30日(月)17時3分配信 )
(引用終了)
そりゃぁリスク資産半分くらいで運用しててこの間のチャイナショックで世界同時株安&円高が起これば運用成績は悪くなりますよね。

と思ったら、鬼の首をとったかのようにいつものこの議員が噛みついてます。
IMG_1957.png
反対のための反対の政党は気楽でいいですね。
対案を示して欲しいものです。
まさか0.3%でインフレ負けするような国内債券に100%しろとか言わないですよね?
マイナスになっただけで議員に呼びつけられる厚労省職員も災難です。

マスコミやこういう民主党議員は、今後もし過去最大に上ブレしたときはきっとだんまりするんですよね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
Copyright © ひでぼう